FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚遇する


1584年11月11日、秀吉は織田信雄との和睦会見の場所を伊勢桑名に設定した。

信雄は天下に名の轟く愚将であるが、織田家の血統者である。
天下の評判を味方に付けるためには、この旧主家の当主を手厚く迎え、自らの懐へ導かなければならなかった。

秀吉は、自ら陣羽織、具足、太刀を捨て、簡素な服装姿にて地に膝を折り、平伏して信雄を出迎えた。
この秀吉の主君を仰ぐようなの姿を見た信雄は驚きを見せ、そして感動を覚えた。
信雄の懐柔に成功した秀吉は、信雄との和睦を締結するとともに、翌年には信雄を大納言の位を朝廷に奏請することを約束し、秀吉は織田家の絆を強く結んだ。

この一件により、家康・信雄同盟は崩壊し、秀吉を攻撃する大義名分を失った家康は兵を退き、秀吉との交戦関係は消滅した。

「威信」+20

次へ進む
スポンサーサイト