FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒興の作戦


池田恒興は信長時代より秀吉と親交あり、この度の戦においても織田信雄を見切り、いち早く秀吉に味方に付くと美濃大垣城から出撃し尾張犬山城を落城させていた。

恒興は、秀吉に対し「家康が小牧山に居座っている今こそ、家康の本拠である三河岡崎を突けば家康は動かざるを得ず、その隙に乗じて攻撃すればわが軍の勝利間違いなし」と進言し、自らを将とする別働部隊を編成して欲しいと願い出た。
この作戦は前年の賤ヶ岳の戦いにおいて佐久間盛政が用いて失敗に終わった「中入り」の戦術に似ており、互角で組み合っている今の戦況下においては非常に危険な作戦であり、秀吉の判断としては「否」であった。

しかし、恒興は秀吉の直属家臣ではなく、つい先日までの信長時代では先輩同僚であり、また彼の縁族も多くその勢力は大きい。
秀吉は、頭ごなしに作戦を否定することなく、恒興に考え直しを願ったが、翌日も秀吉の下に現れると、同作戦を執拗に懇願した。
そしてついには、許可を得るまでこの場は動かない、と座り込みを始めた。
このまま、恒興の献策を反対し続けると、恒興とその縁族者は撤退または秀吉と決別することになるだろう。

さて、秀吉は恒興の献策をどうするか?

仕方なく恒興の作戦を許す
恒興と決別覚悟で献策を反対する
スポンサーサイト