FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦文


秀吉は家康に対し、「城内柵内に身を縮めておらず、出でて一戦交えられよ。それとも臆されたか」という内容の挑戦文を書かせた。
これを横で見ていた高山右近は、無駄であることを秀吉に告げたが、秀吉はこれを聞きいれず、挑戦文に花押を入れ、家康本陣に送らせた。

しかし、挑戦文の効果はなく家康は全く動かなかった。
逆に秀吉の手元に届いたものは、家康の配下・榊原康政が署名した檄文であった。

<榊原康政>


「秀吉は野人の子である。信長公の特別な寵愛を受け、一旦にして総帥になること天下の知るところ。しかし信長公が亡くなるやいなや、秀吉はたちまちにしてその主恩を忘れ、ついには主家を滅ぼして国家を奪わんとする。先に信孝公を死に追いやり、今また信雄公と刃を交える。これこそ大逆無道というもの。されば、速やかに逆賊秀吉を討ち、天下の人心を快く収めようではないか」という内容であり、この秀吉を非難する檄文は、戦場の各地にばら撒かれていた。

秀吉はこれを読み、激高した。
そんな中、秀吉の下に池田恒興が作戦上の提案にやって来た。

次へ進む
スポンサーサイト