FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海の家康


秀吉は、常に東海の徳川家康の動向に注意を払っていた。
家康は、秀吉が勝家を滅ぼすと、その戦勝祝いとして天下の名器「初花の茶入」を秀吉に贈ってきたが、それ以降は一切秀吉と接触することなく、統治下に治めた信濃・甲斐にて軍備強化に努めていた。

秀吉は、三河徳川軍の強さを姉川や長篠の合戦を通して実感しており、今その徳川軍はさらに甲州武田家の軍法を取り入れて天下最強の軍団を作ろうとしていることに危機感を感じていた。
徳川軍と戦うことは、多くの犠牲者を出すだけでなく、戦争が長期戦になれば秀吉の求心力が低下し、思わぬ反乱が各地で起こるかもしれない。

秀吉は懐柔工作として、家康に秀吉自身より官位の高い「従三位参議」を与えて上洛させようと考えたが、家康は官位のみ受け取り上洛は拒んだのであった。
この家康の行動には、さすがの秀吉も驚いた。

そのような中の1584年3月、伊勢長島城にて織田信雄が、秀吉と親交深かった三人の家老を殺害するという事件を起こした。
信雄は、前年に秀吉から北陸鎮圧後の論功行賞にて、尾張・伊勢・伊賀三郡の所領を与えられ、100万石の大大名になったばかりであった。

さて、秀吉は信雄の家老殺害にどう対応するか?

「反旗の意図あり」と詰問する
そのまま放っておく
スポンサーサイト