FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天正十二年


年は明けて、天正十二年(1584年)を迎えた。

秀吉は年賀の儀を、昨年より築城中の大坂城にて執り行おうと、旧織田系の家臣を含む諸将を招いた。
これは、秀吉に対し臣下の礼をとることを意味しており、織田家の主家を自認する織田信雄はこれを拒否し、大坂登城の命に従わなかった。

また、信長の死後も秀吉に力を添えてくれていた丹羽長秀も、大坂登城を病気を理由に拒み、越前に籠もっていた。
前年に織田家筆頭家老の柴田勝家を滅し、さらには信長の遺児・織田信孝を死に追い込み、織田家をないがしろにする秀吉の振る舞いが、長秀にしては耐え難かった。
しかし、秀吉にとっては、旧織田系の諸将たちを心服させるためには、織田家重臣である長秀の大坂登城が必要であった。

さて、秀吉は長秀をいかにして大坂登城させるか?

「天下の時勢に従うよう」と威圧をかける
「登城に際し大坂城を譲る」と懇願する
スポンサーサイト