FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信孝と信雄


一方、美濃岐阜城においても大きな動きがあった。

勝家と協同し秀吉に抵抗ていた織田信孝は岐阜城にて籠城し、秀吉に味方した兄・織田信雄の包囲軍に徹底抗戦していたが、頼みとしていた勝家の自害を知ると、岐阜城を開城し秀吉に降伏した。

しかし、秀吉にとって織田信孝は、織田家の遺児であるが、鋭気があり、今後の天下統一の事業を進める上でどうしても、この機会に処分しなくてはならない存在であった。
身の危機を感じた信孝は、兄の信雄に「秀吉は、織田家を潰すつもりだ」と兄弟で秀吉を討とうと説いていた。

さて、信孝処分を信雄にどう命じるか?

信孝に自害させるように命じる
信孝の処刑を京にて行うために送らせる
スポンサーサイト