FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府中城攻撃


府中城より秀吉軍に対し銃撃が開始すると、秀吉は中軍より、先鋒隊に対し銃撃による応戦を命じた。

やがて城兵の攻撃が緩むと、秀吉はすぐさま全軍に総攻撃を命じた。
秀吉軍の総攻撃に間もなくして、府中城の前田利家は降伏の旗を揚げ、城門を開いた。
利家は武士らしく自害を覚悟していたが、秀吉は急いで府中城内に入り利家の自害を止めさせ、旧友同士が刃を向き合うことになったのは「戦乱の世のいたずらである」と、利家を責めず、この先は味方となり力を貸してくれるように説得した。
利家は秀吉に臣従を誓うと、利家を勝家守る北ノ庄城攻めの先鋒に組み入れ、府中城を発った。

次へ進む
スポンサーサイト