FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小姓団


秀吉は、自身を護衛していた小姓団に「功名を上げるのは今ぞ。我と思わぬ者は行け」と、柴田勝政・佐久間盛政両軍への突撃を命じた。

小姓団とは、秀吉が長浜時代に取立て自ら育て上げた福島正則、加藤清正をはじめとする若武者集団であり、彼らは賤ヶ岳の坂を駆け下り、勝政・盛政両軍に切り込みかかると、勝家方の勇将たちを次々と討ち取った。

これに乗じて秀吉は全軍に対し突撃命令を発すると、勝政・盛政両軍を権現坂まで敗走に追い込んだ。
秀吉はさらに追撃を行うと、勝家方に寝返った山路正国軍が秀吉軍の進撃を遮ってきたが、秀吉はこれを撃退させた。
盛政は残る軍勢を再編成し、秀吉軍に徹底抗戦を望もうとしたが、その時、合戦の勝負を決定的にする異変が起きた。

今まで後方より、堂木山の秀吉軍の進出に威圧をかけていた前田利家軍が突如、戦場を離脱して退却を始めたのであった。

<前田利家>


いわゆる合戦で最も恐れる「裏崩れ」が起こり、ついに盛政軍は善戦空しく退却し、一方の柴田勝政は戦死した。
秀吉は権現坂の北方から軍勢を勝家本隊の狐塚に向けた。

その頃、勝家本隊では盛政軍の敗退と利家軍の撤退により、士気の喪失は著しく、戦線を離脱する者が続出し、7千の兵が3千まで減少していた。
勝家は、秀吉と最期まで戦い武士らしく討死を望んだが、近臣たちに諭され百人足らずの兵を率いて越前北ノ庄城に向けて落ち延びていった。

秀吉はこの賤ヶ岳の合戦にて勝家を打ち破ったことにより、均衡していた二人の勢力図は一気に秀吉に傾いた。
また天下に勢威を誇示するため、福島正則、加藤清正ら功名を立てた若武者たちに「賤ヶ岳の七本槍」の異名を与えた。

「威信」+100

次へ進む
スポンサーサイト