FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力攻め


勝家軍は3万に対し秀吉軍5万と、兵力差に有利があった。

秀吉は一気に攻め立てて勝家軍を撃破させようと考え、全軍に突撃号令をかけた。
兵力数では秀吉軍は優っていたものの、山岳戦においては勝家軍が数段優っていた。

勝家は隘路の山岳を十分に利用して、万全の構えをしており、山陰の至る所には鉄砲隊の陣が張られ、狭い谷間を攻め入る秀吉軍は格好の標的となった。
突撃号令により、山岳の谷間に入った秀吉軍は勝家軍の射撃の的となり、たちまち混乱状態に陥ると、勝家は山岳要所の砦に待機させていた全軍に対し秀吉軍の背面より一斉攻撃を命じた。
退路を失った秀吉軍は多くの有力大将を失い、たちまち壊滅状態となった。
両軍対峙で互角であった戦況は一気に勝家軍優勢に転じた。

また、この秀吉軍壊滅の報はすぐに美濃に伝わり、美濃の諸将は勝家方に寝返り、岐阜城の包囲網が解けると、織田信孝は勝家軍と呼応するように近江へ進撃を開始した。
秀吉は命かながら大垣城に向け退却を図ろうとしたものの、すでに大垣城は勝家方に寝返った諸将と信孝軍に落とされていた。

秀吉は退路を佐和山城に急遽変更したものの、近江平野に入った勝家軍の追撃は素早く、秀吉は佐和山城を前に勝家軍に捕獲された。

秀吉は織田家の逆賊という汚名をかぶせられ、京の三条河原にて斬殺された。

秀吉享年47歳。

勝家との一戦に敗れ天下の掌握を寸前に命を落とした。
スポンサーサイト