FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝豊の調略


柴田勝豊は勝家の甥であったが、近年勝家に冷遇されており、また秀吉と勝豊は、以前より交友があった。

先日、勝家とは和睦を結んでおり、これを破ってまで勝豊と交戦し、愛着ある長浜城を戦場化とすることは秀吉は望んでおらず、調略にて降伏させようと考えていた。
秀吉は軍勢を長浜城近くまで進めて、勝豊に無言の圧力をかけるとともに、長浜城の降伏勧告の使者として、大谷吉継を送り込んだ。

<大谷吉継>


大谷吉継は、秀吉が長浜時代に小姓として取り立てて教育を施し、今や聡明な将に育っていた。

吉継は長浜城に入り、勝豊に会うと、義父・柴田勝家を見切り秀吉に味方するよう降伏勧告を述べた。
勝豊は秀吉の大軍を警戒していたが、吉継は三法師様を迎えに行くためであることを伝え安心させるとともに、勝豊にも三法師に味方するように働きかけ、義父・柴田勝家を裏切ることを正当化させた。
勝豊は降伏し、長浜城を秀吉に明け渡した。

秀吉は無血により長浜城を取り戻すとともに、近江における勝家の勢力をなくすことができた。

「威信」+10

次へ進む
スポンサーサイト