FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝家の動向


清洲会議後の柴田勝家の動きであるが、越前北ノ庄の居城に戻り、対秀吉戦に向けて策を講じていた。

勝家は、織田信孝の勧めもあり、信長の妹で未亡人のお市の方と婚儀を結び、織田家における地位を高めさせた。
また、清洲会議には参加できなかったものの、無事に伊勢長島城に戻った滝川一益と同盟を結び、秀吉との対抗網を作った。

さらには、秀吉が姫路へ戻っている隙に、勝家は信孝と密議して、清洲会議に反する形であるが、織田当主・三法師を「信孝が養育する」という名目で強引に美濃岐阜城に囲い込んでいた。

一方の秀吉は、播磨姫路に一度戻った後は、活動の拠点を京の南郊、天王山の山腹にある山崎宝寺城に移し、増築普請に取り掛かっていた。
外交政策としては、越後の上杉景勝に使者を送り、「ともに勝家と戦おう」と勝家攻撃の連携を結ぶとともに、中国の毛利輝元にも同盟状態を維持させるために貢物を頻繁に贈らせた。

<上杉景勝>


このような矢先、秀吉の元に勝家からの使者が来た。
「信長公の葬儀を岐阜にて主催するため、出席せよ」との連絡であった。

さて、秀吉はこの葬儀の出席についてどうするか?

葬儀参列のために岐阜へ向かう
葬儀は京で行うように伝える

スポンサーサイト