FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城主指名


秀吉は、勝家の長浜城要求を受け入れたが、長浜城主の指名を条件付けた。

長浜城主には、勝家の養子である柴田勝豊にすることを秀吉は希望した。
この勝豊は、秀吉とは交流が深くあり、また義父の勝家とは仲が悪く、家督は甥の佐久間盛政に譲るのではないかと噂が出ているほどであった。

勝家にすれば養子の勝豊が長浜城主であることに何の不満もなく、秀吉の条件に了解をした。

一方、評定の一座はこの勝家の強引ともいえる長浜城要求に秀吉は当然断るものだと思い、緊迫した空気が漂っていたが、秀吉がこれを受入れると諸将は秀吉の寛大さに感服した。

最後に議題は、織田家重臣の序列に移った。
序列表は勝家が中心となって作成を行ったため、筆頭は柴田勝家、その後に丹羽長秀、滝川一益、羽柴秀吉という順序になっていた。
秀吉は重臣の中で末席であったが、これは形式上のことであり、秀吉は口を出すことなく了承し、評定の全てを終えた。

「威信」+10

次へ進む
スポンサーサイト