FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王山


6月13日午前、秀吉は織田信孝、丹羽長秀の到着を待ち切れずに明智光秀との開戦に踏み切った。
秀吉は、摂津富田の後方にあった秀吉軍本隊を全て山崎の前線までに出すよう命じた。
一方その頃、明智光秀は大和の筒井順慶が秀吉方についたという情報を耳にすると、筒井軍が進軍してくるであろう淀川東岸の高地洞ヶ峠に斉藤利三の部隊を配置させていた。
秀吉軍総勢が約2万8千に対し、明智軍は約1万6千であった。


そして午前10時、ついに両軍の本格的な激突が起こった。
天王山に陣を張っていた秀吉軍の中川清秀、黒田官兵衛部隊が山麓下に陣する明智軍に対し攻撃を開始した。
秀吉は、天王山側から攻撃を仕掛け、明智軍を西方面に集中させるように誘い出し、右翼部隊の池田恒興、加藤光泰を進撃させて、明智軍の側面を突いて行く作戦を立てた。
これに対して明智軍も果敢な攻撃を見せた。
洞ヶ峠から降り先鋒隊に加わった斎藤利三の部隊の突撃は凄まじく、秀吉軍先鋒隊の高山右近の部隊を難なく撃破し、中川清秀の部隊をも後退させた。
秀吉は右翼部隊の池田恒興、加藤光泰に斉藤利三部隊の側面を攻撃させるように命じ、斉藤利三部隊はわずかに浮き足を見せ、両軍は一進一退の攻防を続けていた。

そのような戦況の中、秀吉方に吉報が入る。
織田信孝が丹羽長秀の説得に応じ、大坂より8千の軍勢を率いて山崎の戦場地に向かっているとのこと。
この情報を機に、秀吉は総攻撃の姿勢を見せた。
特に右翼部隊を次々と増援し、進撃させて、ついに明智軍の先鋒部隊を撃退させた。
光秀は一旦軍勢を退却させて勝龍寺城に入り態勢を立て直そうとしたが、秀吉はすぐに追撃命令を出し、勝龍寺城を包囲するよう命じた。
これに対し光秀は、秀吉軍に勝龍寺城が包囲される前に、勝龍寺城を脱出して近江坂本城を目指した。

秀吉は、合戦の勝利を確認すると、山崎の地に到着したばかりの織田信孝と丹羽長秀に会い、参陣の礼を述べた。
後世に「天王山の合戦」として名高いこの戦は、秀吉軍の勝利に終わったが、信長の遺児・信孝の到着を待たずに「弔い合戦」の開戦に踏み切ったことは、今後の織田家の後継者争いの展開に課題を残すことになってしまった。

「威信」+60

次へ進む
スポンサーサイト